MENU

02February05

No.03目黒区三田プロジェクト

みなさま、こんにちは。
本日は目黒区三田プロジェクトの進捗状況についてお届けします。

目黒区三田プロジェクトは地上5階建、1店舗・4事務所の建物となります。
現在は4Fの躯体工事まで進んでいます。
この日は1Fと2Fの見学をさせていただきました。

こちらは1F、店舗階の様子です。
すでにコンクリート打設は完了しています。
奥にある白いスライドドアが店舗の入り口となります。
広さは85.60㎡で26.15帖。

フロアを見渡すと、謎の管を発見。

正解は給水管排水管です。
給水管は私たちが普段の生活で使用する水を、
排水管はトイレやお風呂、キッチンなどの生活設備から流れる水を下水処理場に流すために
使用されています。
ないと生活できなくなるくらい大切な管です。
両方の管はここから上まで伸びて上層階につながります。

そしてこのスペースは給水管と排水管を通すパイプスペースです。
パイプシャフトとも言われています。
間取り図によく書いているPSの部分ですね。
普段、業務で間取り図を作成していますが、
PSはこんな空間だったのかと初めて知りました!

こちらは2F、事務所階の様子です。
2Fにはコンクリートを固めるための木材とそれを支える鉄パイプが
山のように置いてあります。
とても多くの材料が必要となり、建物づくりは大変だと改めて感じました。

ふと上を見上げると、大きな穴が開いているのを見つけました。

これは何の穴か現場監督さんに尋ねると
配管穴とお答えいただきました。
配管穴は室外機と室内機を連結するための穴で
エアコンなどを設置する際に利用されます。
そういえば、自分の部屋でもエアコンを通す穴を見たことがあるなと思い出しました。
どんな容量の空調設備のパイプを通しても大丈夫なようにと
15cmある大きめな穴に設計されているようです。

窓側は全面にFIX窓になるようです。
大通り沿いなので、日当たりがよさそうです。

現場監督さんからは、

多くの路線が通る恵比寿駅の近くなので利便性抜群。
落ち着いた雰囲気のロケーションで仕事をしたい人たちにオススメ!

とコメントいただきました。

どんな仕上がりになり、どんな会社様が入居するのか楽しみです!

本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

BACK TO LIST

CONTACTお問い合わせ

不動産投資物件プロデュースから住宅、店舗、家具提案に至るまで、
不動産、デザインの事なら何でもお気軽にお問い合わせください。